メニュー

RSウイルス流行 インフルエンザ

[2018.10.19]

10月半ばも過ぎ、徐々に寒さと乾燥が目立つようになりました。

奈良県感染症情報センターによると、RSウイルスの流行が9月から減少傾向ではありますが認められます。

RSウイルスは、風邪ウイルスのひとつで、年齢を問わず、生涯にわたり顕性感染(症状のある感染)を繰り返します。

感染経路は、飛沫感染(唾など)と接触感染です。

奈良県は、9月のデータでは全国で3位となっています。

インフルエンザも10月1−7日の報告(定点報告)で奈良市は9人認めています。

予防法として、手洗い・咳エチケットに注意しましょう。

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME