メニュー

自費診療

自費検査の項目:

自費検査:

検査項目 料金(税込)
COVID-19 PCR自費 30,000(事前予約)
COVID-19 遺伝子検査(NEAR法:自費) 15,000(事前予約)
COVID19 抗体定量検査:抗S抗体 10,000(事前予約)
B型肝炎抗体検査 3,000
 麻疹抗体検査 2,500 
 風疹抗体検査 2,500 
 おたふく抗体検査 2,500 
 水痘抗体検査 2,500 
抗体検査セット(麻疹・風疹・おたふく・水痘) 6,000

新型コロナウイルス SARS-CoV2-抗S抗体 の定量検査

ワクチンを打った後に、ワクチンによりIgG抗体(獲得免疫)ができたかを調べる検査です。Sタンパク質に対するIgG抗体検査を行います。

COVID19検査

  • PCR検査
  • 遺伝子検査
  • 抗原検査

検査方法:

  • PCR検査:polymerase chain reaction

DNAサンプルの特定領域を数百万〜数十億倍に増幅させる反応または技術

検査結果が出るのに数時間かかります。外部委託ですので結果は翌日になります。

渡航や無症状の方にはこの検査が望まれます。

  • 遺伝子検査 

ID NOW:等温核酸増幅技術:NEAR法

SARS-CoV-2(新型コロナウイルス)核酸検出

検体が陽性であれば約5分で、陰性であれば13分で判定が得られる。

既に米国では、COVID19の他に、A型とB型のインフルエンザ、A群連鎖球菌、呼吸器多核体ウイルス(RSV)の検査に用いられている。

参照記事:

アボット、新型コロナの急速検査キット発表。5分で陽性判断。医療現場で検査可能

新型コロナを5分で診断、ポータブル検査機器にFDAが緊急利用許可を発行

 

(国内向けでは十分かも...)

上記は、有症状者やウイルス量(コピー数)が少なくても遺伝子(DNA/RNA)を増幅させますので無症状の方に行われます(核酸増幅検査)。

  • 抗原検査:

抗原検査は新型コロナウイルスに対する抗体を用いて抗原を見つける検査です(抗体と言うものは、抗原に接すると抗原抗体反応で強力につきます)。PCRと違って標的を増幅させることは出来ません。検出にはより多くのウイルスが必要であり、PCRに比べて感度が劣ります(偽陰性が多くなります)。

遺伝子を増幅させませんのでウイルス量(コピー数)が少ない場合、陽性に出ないことがあります。ウイルス特有のたんぱく質(抗原)と反応して陽性反応がでます。主にウイルス量の多い有症状者に使用されます。

 

いづれの検査も陽性判定はウイルス陽性ですが、陰性は必ずしもウイルスの存在を否定するものではありませんので、手洗い・手指消毒・マスクなど予防に努めましょう。

**有症状者の方発熱認定外来として、医師の判断により保険診療で対応します。

 

渡航外来:For overseas people and travelers

 ・・・+TeCOT

新型コロナウイルスに係る日本からの渡航者・日本人に対する各国・地域の入国制限措置

**ハワイ州推奨医療機関:

2021年11月8日から日本からハワイへの渡航ルールが変更になりました。

ハワイ州独自の制度が撤廃され、アメリカ合衆国渡航に準じた一般的な渡航手続きと同じになりました。

以前はハワイ州が指定する陰性証明書が必要でしたが、当院のフォーマットでも渡航可能です(希望であればハワイ州の指定用紙での発行も可能です)。

予防接種のページへ

男性型脱毛症(AGA:Androgenetic Alopecia)の診断・治療

 

男性型脱毛症(以下AGA)は、全国に約1260万人いるといわれており、多くの場合思春期以降の男性に発症します。

 AGAを発症すると、頭頂部や生え際から抜け毛が進行し、年令とともに髪が薄くなってきます。時間経過で髪がうすくなるのは、AGAが進行性の脱毛症であるためです。一度AGAを発症すると自然治癒することはありません。そのままにしておくと抜け毛の数が増え続けます。

 髪の毛1本1本には寿命があります。伸びて抜けて、また新しく生えることを繰り返しています(これをヘアサイクル)といいます。図のように毛包は、成長期・退行期・休止期のいずれかの状態にあり、このうち成長期が一番長く通常2〜6年間続きます。AGAでは成長期が短くなるため、髪の毛が十分に成長しません。

AGA治療に関して

 

皮膚・美容 部門

  商品名 価格(税込)
ハイドロキノン NANO MED HQエッセンス 15g 5,650
  グラファ メラノキュアHQ 5g 2,160
  *ハイドロキノンのみの方は診察料が必要です(初診2,000 再診1,000)  
サプリメント    
飲む日焼け止め対策サプリ ソロプロプリュスホワイト 6,480(取り寄せ)
スタイルアップサプリ Corm(コルム) 12,960(取り寄せ)
うるおい実感サプリ ULTYA PLUS MOISUTURE(健康食品) 4,860(取り寄せ)
保湿剤・乳液    
  グラファ モイスチュアキープミルクMC 2,160
肝斑治療 トラネキサム酸250mg 100錠 2,000
  ビタミンC(シナール) 100錠 1,500
  トラネキサム酸,ビタミンC 各100錠 3,500

 シミ・肝斑・そばかす対策クリーム

独自の浸透技術で1%濃度だが4%と同等の効果

1%なので、赤みやかぶれの恐れが少ない

 

                  

勃起不全(ED:Erectile dysfunction) の診断・治療

”勃起の発現あるいは維持できないために満足な性行ができない状態”を勃起不全(障害)といいます。勃起不全の原因として、大きく【心因性障害】と【器質性障害】にわけられます。性的刺激・性的興奮の低下、加齢や喫煙、糖尿病や高血圧・脂質異常症などの生活習慣病やメタボリック症候群との関連(動脈硬化が原因と考えられる)が言われています。

 

初診時に簡単な問診およびIIEF(国際勃起能スコア)を記入してもらいます。お薬の説明および、ED治療薬が服用できるかをチェックし、問題なければED治療薬を投与します。初診・再診料は、お薬代に込みで記載しています。

ED治療薬

 日本で使用可能なED治療薬はバイアグラ、レビトラ、シアリスの3種類で、すべてPDE5(フォスフォジエステラーゼ阻害薬)です。これらは陰茎海綿体の平滑筋を弛緩させることにより陰茎の海綿体洞に血流を充満させ、勃起させます。血管の機能障害と勃起不全は密接に関連していることが報告されています。とくに冠動脈(心臓の血管)疾患の発現2〜3年前にEDが自覚されることが多いことから、EDは冠動脈疾患の重要なサインと考えられています。

ED治療薬は、血管を拡げる作用により、血圧低下や頭痛、鼻づまり、顔面のほてりが起こることがあります。狭心症や不整脈の既往のある方で、内服の種類によってはED治療薬との併用が禁止されているものもあります。

また網膜色素変性症の方には視覚異常の発現の可能性から投与禁忌となっています。

シルデナフィル(ジェネリック) 50mg 1,000円/錠
シアリス 10mg 1,700円/錠
シアリス 20mg 2,000円/錠

*税込価格、診療代込

**検査を要すると考えられる方には別途検査料が必要です

***既往歴・合併症により処方をお断りする場合があります

ED治療薬の処方のみの方は、初診料として3,330円算定します(初回のみ)。

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME